赤坂クリニック 〜地域のかかりつけ医をめざします〜

赤坂クリニック【胃腸科・外科・内科・肛門科・リハビリテーション科】
クリニック基本情報 院長・スタッフ紹介 院長先生の診療日誌 施設のご案内 設備のご案内

院長先生の診療日誌

2020年11月27日
イワシの泳がせでハタ狙い

 11月に入っても暖かい日が続いています。現時点でコロナの勢いが止まりません。人工呼吸器などの装着が必要な重症患者が増えているのが心配です。三重県でも一日あたり10〜20人の新規感染者が出ていますが北勢・中勢地方が中心で鳥羽市は今のところ大丈夫のようです。ホテルに勤めている患者さんは一様に“忙しくなった”と。GO TOトラベルで近場の旅行客が回復しているようです。そのうち鳥羽市でも新規感染者が出てくると思われます。
 11月23日の勤労感謝の日ハタ狙い午前便行ってきました。前日の上天気の後、冬型の気圧配置が強まり北西風6mの予報でした。志摩市安乗の幸盛丸午前4時半集合、5時出船でした。暗闇の中5名の乗合で出航、港内で生イワシを積み込んでポイントへ向かいました。追い風に乗って40分程で水深60mのポイントへ到着、船を風に立てると波・北西風かなりのものでしたが何とか釣りは出来ました。潮が動かないようでなかなかアタリが訪れません。初アタリで小ハマチをキープ、程なく底付近でまずまずのアタリがあって途中の引き込みに耐えて50cmオーバーのヒラメゲットで乗船した甲斐がありました。その後ヒラメ、小ハマチを追加しましたが9時までハタ類0匹でした。後半になって潮が動き始めたのかアカハタ、オオモンハタなどが顔を見せ始めました。ビッグワンはでなかったものの煮付けには立派過ぎるハタでした。岩礁帯を攻めるため根掛かりが多く仕掛け・オモリを5セットほどロスト、強いアタリも2・3回ありましたが根に潜られたのか引きずり出すことが出来ませんでした。後半2時間でハタ類10匹釣れたので良しとしなくては。釣果は50cmオーバーヒラメ2匹、小ハマチ2匹、アカハタ6匹、オオモンハタ2匹、ホーキハタ1匹、アヤメカサゴ1匹、小カサゴ1匹でした(写真@、写真A)。次回も頑張ります。これからもよろしくお願いします。




2020年11月09日
オニカサゴ46cm頭に12匹

 暦では立冬を過ぎて寒さが増してきました。コロナウイルスに適した寒さ、乾燥状態となり新規感染者数が日本はもとより欧米で増加傾向です。三密を避けなければなりませんが寒い時期換気もままなりません。忍耐強く我慢しなければならないのかなと。今シーズンはインフルエンザワクチン接種の希望者が多く赤坂クリニックのワクチンの在庫が少なくなってきました。予約制にしていますが基礎疾患のない若い方、赤坂クリニックがかかりつけ医でない方にはお断りすることがあるかと存じますがご容赦お願いいたします。
 11月8日の日曜日オニカサゴ釣行してきました。志摩市御座の智栄丸午前6時出航でした。西高東低の気圧配置で北西風強かったものの寒さは大したことなく助かりました。水深140mラインからのスタートでした。ここのところ智栄丸での釣果が芳しくないため潮加減が良いことを願っての一投目でした。いつもと違ってアタリが最初からあって小型オニ、アヤメカサゴのダブル、座席からお尻が浮かされる46cmのビッグオニもあって前半だけでツ抜け出来る勢いでした。この高活性が続いてくれと願いましたが自然の力には歯が立たず中盤はアタリ遠く我慢の時間帯となりました。後半になってアタリが出始めたのですが根掛かりも多くなって4号PEラインが2回も高切れしてしまい最終的には道糸が110mほどしかなく水深100m前後の浅場を流してもらいアヤメカサゴ3匹追加して沖上がりとなりました。天秤・150号オモリを2セット、仕掛け5セットほど、PEライン200mぐらいロストして維持費もバカになりません。釣果は46cm頭にオニカサゴ12匹、アヤメカサゴ6匹、ウッカリカサゴ1匹、レンコダイ1匹、赤イサキ1匹合計21匹でまずまずでした(写真@、写真A)。次回も頑張ります。これからもよろしくお願いします。


2020年10月05日
オニカサゴ 何とかツ抜け(10匹)

 10月に入って朝晩めっきり涼しくなってきました。今年はコロナがありますが特定健診、後期高齢者健診、がん検診は例年通り実施しています。クリニック内で密を避けるため予約制としていますのでよろしくお願いします。またインフルエンザワクチンの接種も予約制としましたので電話または受診日に予約をお願いします。大統領選挙を一か月後に控えたトランプ大統領が新型コロナに感染して軍の病院に入院しました。一瞬防弾車で外出して元気なところをアピールしたようですが同乗したシークレットサービスは本当に命がけでした。コロナ隔離中の外出の可否について議論が沸き上がることでしょう。
 9月に3回ほど釣行しましたが不本意でした。満を持して10月4日オニカサゴ釣行してきました。志摩市御座の智栄丸午前5時半出航でした。天気予報では曇天でしたが御座に向かう途中で雨が降り出し乗船時は雨模様でした。4名の乗合、ポイントまで約40分、ポイント到着時は小雨になってその後雨も止んで日射しも洩れましたがウネリがあってよく揺れました。水深は130m〜160mで底狙いです。一流し目でエビスダイが顔を見せて縁起がいいのかなと。しかし前半は全くアタリなしで今日も惨敗の予感が。中盤になってやっとアタリがあって外道のウッカリカサゴ、小型オニが釣れて一安心、そして中型オニへサイズアップして残り時間が少なくなった頃にクライマックスがやってきました。座席からお尻が浮かされる引き込み、50m付近での容赦のない暴れ方でタモに収まったのは良型オニでした。オニカサゴの刺身が食べられると心の中で喜びました。余韻が残る終盤に中型オニを追加して午前11時半沖あがりとなりました。釣果はオニカサゴ40cm頭に中型以上4匹、小型6匹、ウッカリカサゴ2匹、エビスダイ1匹の計13匹でした。前半どうなるかと思いましたが後半何とか盛り返せてまずまずでした。次回も頑張ります。これからもよろしくお願いします。

2020年08月31日
マダイ37匹 2週連続でクーラー満タン

 8月が終わろうとしているこの時期に体温を超える気温が連日記録されています。7月は長雨、8月は猛暑とめりはりが付き過ぎです。CO2を削減して地球温暖化を止めないと将来大変なことになるのが目に見えています。トランプ大統領も分かってほしい。日本の政局も風雲急を告げています。首相在任期間最長を記録して辞任を表明した安倍首相、遅きに失した感じです。公文書改ざん、お友達優遇、税金の私物化など権力の行使が誤った方向でした。リリーフの次期首相には国民に目を向けた政治を期待しています。
 8月30日の日曜日うたせマダイ釣行してきました。ここのところタテ釣り、イワシの泳がせ釣りでハマチがメインとなって飽きてきた感じで何が違う釣り物はないかと思案していました。30日釣行は一休みかなと思い始めた28日、鳥羽市菅島の日誠丸のホームページでマダイの好釣果を見つけ速攻で予約しました。30日午前8時赤崎岸壁を出航、4名の乗合、釣座は右舷トモ、快晴で暑い真夏日でした。ポイントは菅島周りでいつもならポイントを目指して通り過ぎる近場で航程約20分、水深は22mでした。こんなところで釣れるのかなと半信半疑でした。すて糸を3mとって底から5m前後を3本針で狙ったところ塩焼きサイズのマダイが食ってきました。初めは潮の流れが緩くポツポツ程度でしたが1時間ぐらいして潮が流れだすとマダイの入れ食いタイムとなりました。エサをつけて投入、リールカウンター15mで置き竿、程なく竿先が引き込まれ巻き上げ開始、水深が浅いためすぐにマダイの取り込み、次のエサつけと目まぐるしい流れ作業で休む暇がありません。生け簀にマダイがすぐに一杯となって船長が3回ほどマダイを絞めてクーラーに収容してくれました(ありがたいサービスでした)。マダイはビッグワンはでなかったものの刺身サイズから塩焼きサイズまで高級魚のマダイがこんなに釣れてもいいのかなと(ポイントを発見してくれた船長に感謝です)。夢のようなマダイの高活性で心地よい疲労感を感じつつエサ切れで午後1時に早上がりとなりました。釣果はマダイ37匹、マダカ1匹でした(写真@:クーラー満タン、写真A:帰宅途中でマダイ11匹お裾分け)。次週は行事で釣行は一休みします。これからもよろしくお願いします。

2020年08月24日
ハマチ9匹でクーラー満タン

 残暑が続いています。昨日短時間にわか雨がありましたがほとんど降雨なく畑の作物が水を欲しがっています。野菜の出来、収穫量は本当に自然に左右されることを実感しています。新型コロナの新規感染者数は減少傾向でピークは過ぎた感じです。GO TOトラベルでアクセルをふかし自粛要請でブレーキをかける作戦が色々な方面で良かったのか悪かったのか近い将来検証されなければならないと思います。
 8月23日の日曜日イワシの泳がせ午前便行ってきました。実は8月13日のお盆休みに75cmの座布団ヒラメ(写真@)をゲットして夢よもう一度の再挑戦でした。鳥羽市本浦の山洋丸午前6時出航、10名の乗合、釣座は左舷ミヨシ(船首側)でした。本浦に向かう途中で雨が降り出し午前5時20分頃に乗船場に到着しましたがすごい雨で車外に出れません。10分ぐらいして小雨になったところで車外に出てカッパを着て臨戦態勢を整えました。出船までは土砂降りでしたがポイント到着時には雲が切れてカッパの出番はなくなりました。ポイントは神島南の伊良湖水道で愛知県の乗合船が密集、船団を形成していました。イワシの泳がせ釣りは初めからエサが付いているため安心感があり大物がアタックしてくるため気に入っています。水深30m程度の浅場、船内でハマチがポツポツと釣れ出し私にも1匹、55cmぐらいの良く肥えたハマチの引きはトルクフルでなかなか上がってきません。程なく潮どまりとなって小休止、中盤から潮が動き始めてハマチのラッシュの時間帯もありました。5匹くらいキープしたところで他の魚種は釣れないかなと。しかし最後までヒラメらしきアタリ0回、サワラと思われるハリス切れ1回のみでハマチオンリーで9匹も釣ってしまってクーラー満タンでした(写真A)。ハマチのみだったのが残念でしたが釣れない時もあるわけで良しとしなくては。帰宅途中で7匹お裾分けして2匹自宅へ持ち帰りました。次回も頑張ります。これからもよろしくお願いします。



ページの先頭へ